顔認証技術の仕組み

・顔認証技術の仕組み
画像や映像から顔を検出し、顔の目、鼻、口などの特徴点の位置や顔領域の位置や大きさをもとに照合を行い、認証します。なりすましが困難で、セキュリティ性が高いのが特徴です。

・顔認識の方式
ビジュアルベース(2D認証)と、IRベース(3D認証)の2つの方式があります。

・ビジュアルベース(2D認証)
撮影した画像から、「輪郭」や「⽬・⿐・⼝」といったパーツの位置関係を計測します。
計測した顔をテンプレート化して、それを基に登録されている特定の個⼈かどうかを特定する方式となります。

<メリット>
・平面的に認証、識別する技術でセンサーなどは必要ない。
・一般的なIPカメラで導入可能なため、企業等で多数の導入がしたい場合は大きくコスト削減をすることが可能。

<デメリット>
・平面のみで識別を行うため写真でも識別可能になる場合がある。化粧などの変化で精度が低くなる場合がある。
・照明の明るさに影響されてしまう。

・IRベース(3D認証)
ビジュアルベースに加え、赤外線カメラによって顔の凹凸など奥行き情報をデータ化して、
登録されている特定の人物かどうかを特定する方式です。

<メリット>
・化粧や大幅な髪型の変更にも影響を受けない。
・照明に影響されない。特に暗い環境下においても精度を維持できる。
・マネキンや写真などの偽顔も判別できる。

<デメリット>
・3Dカメラか赤外線カメラを内蔵して奥行きも計測するため本体のサイズの小型化に限界がある。
・専用カメラの導入が必要となり、企業等で多数の導入がしたい場合は多額のコストがかかる。

弊社が取り扱う顔認証の方式は、ビジュアルベース(2D認証)となります。
ソフトウェア単体での顔認証制度は高く、コア技術は英国の金融庁にあたる、FCA(英国金融行為規制機構)が認めた顔認証技術となっております。

セキュリティーを大事にしたい企業様への導入に関して、多数の設置をしたい場合には特にコスト削減をすることができますので、お気軽にお問い合わせください。