コワーキングスペースのエントランスにて
1 DAY PASS会員から導入開始

業種/シェアーオフィス
・ 

サービス/顔認証システム

国内最大規模、利用者も多い
コワーキングスペース「fabbit大手町」

国内外に45の施設と約7,200人の会員を有するコワーキングスペース「fabbit(ファビット)」。その国大最大規模を誇るのが「fabbit大手町」です。東京駅日本橋口から徒歩1分とアクセスが良く、個室、固定席、フリー席など多彩な利用プランが用意されているため、利用者のニーズに合わせたプランを選ぶことができるのが特徴です。

国内初の実証実験として
1 DAY PASS会員の入退室管理を担う

今回の導入実証実験では、当日のみ利用可能な「1 DAY PASS会員」が対象。当日利用の方は、受付の専用タブレットにて顔認証登録を行うだけで、パスなどを持ち歩く必要がありません。また、生体検知による“なりすまし”を防止し、精確な本人確認ができるので、セキュリティ面で安心かつ安全です。
市販のタブレットを設置する簡単な方法で導入しており、「fabbit大手町」の1 DAY PASS会員様にも不自由なくご利用いただいています。

さらに2020年4月に新規開業した「fabbit AKIBA」、「fabbit 宗像」に顔認証システム「Saffe」を導入。すべての会員様の入退室管理でご活用いただいています。

User voice

顔認証システムを利用したことがなかったので、精度の高さに驚いています。これまでは、貸し借りも可能なカードキーを利用していたので、厳密にはご本人確認ができませんでした。それが顔認証に代わったことで、なりすましが防げ、防犯対策にもつながっていると感じます。また、カードキー利用時は、紛失や持ち帰りなどのトラブルが日常的に起きていました。顔認証であれば、そうした対応が不要になり、スタッフの生産性UPにも貢献してくれています。


fabbit大手町