個人情報保護指針Privacy Policy

株式会社R.D.Works(以下「当社」といいます。)は、顔認証による本人認証サービス(以下「顔認証サービス」といいます。)に関する事業活動にあたり個人情報を収集、管理、利用する際には、これらの情報について、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)
その他の適用法令および本個人情報保護指針(顔認証サービス)(以下「本指針」といいます。)に従い、適切に取り扱い、保護に努めます。

第1条 個人情報及び個人データの定義

(1)「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、以下のいずれかに該当するものをいいます。
① 当該情報に含まれる氏名、生年月日、電話番号、電子メールアドレス、顔画像その他の記述等により特定の個人を識別することができる情報。
② その情報のみでは特定の個人を識別することができないが、他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができる情報。
③ 運転免許証番号、顔認証データその他の個人識別符号(個人情報保護法第2条第2項で定義されます。)が含まれるもの。
(2)「個人データ」とは、個人情報データベース等(個人情報保護法第2条第4項で定義されます。)を構成する個人情報をいいます。

第2条 個人情報の取得

(1)当社は、ユーザーの個人情報を適法かつ適切に取得し、偽りその他不正の手段によって取得しません。
(2)当社は、法令に定める場合を除き、あらかじめユーザーご本人の同意を得ないで、人種、信条、社会的身分、病歴その他の要配慮個人情報(個人情報保護法第2条第3項で定義されます。)を取得しません。

3. 個人情報の利用目的

(1)当社は、ユーザーの個人情報について、以下の目的の達成に必要な範囲内で利用します。
① 当社が提供する顔認証サービスを提供するため
② 上記①のサービス提供に付随する本人確認、認証のため
③ 当社技術の開発・改善のため(顔認証エンジン機械学習、なりすまし防止のための機械学習、偽造書類検知のための機械学習を含みます。)
④ 上記①又は②に付随するアフターサービス、問い合わせ、苦情対応のため
⑤ 上記利用目的の達成のため個人情報や個人データを第三者に提供するため
(2)ユーザーの個人情報を前項以外の利用目的で利用する必要が生じた場合には、次のいずれかに該当する場合を除き、事前にユーザーご本人に利用目的をご連絡し、ユーザーご本人の事前の同意を得た上で、利用いたします。
① 法令に基づく場合
② 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ユーザーご本人の同意を得ることが困難であるとき。
③ 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ユーザーご本人の同意を得ることが困難であるとき。
④ 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ユーザーご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。③当社は、次のいずれかに該当する場合に、ユーザーご本人の個人データを外国にある第三者に提供することがあります。

第4条 委託先の監督

当社は、顔認証サービスに関する事業活動に伴い、業務を外部の事業者に委託することがあります。当社は、個人データの取扱いの全部又は一部について外部の事業者に委託する場合には、その取扱いを委託された個人データの安全管理が図られるよう、委託先事業者に対する必要かつ適切な監督を行います。

第5条 第三者提供

(1)当社は、以下に定める場合には、ユーザーご本人の個人データを当社の委託先その他の第三者(原則として外国にある第三者を除きますが、個人の権利利益を保護する上で我が国と同等の水準にあると認められる個人情報の保護に関する制度を有している外国として個人情報保護委員会規則で定める国・地域にある第三者および個人データの取扱いについて個人情報取扱事業者が講ずべきこととされている措置に相当する措置を継続的に講ずるために必要なものとして個人情報保護委員会規則で定める基準に適合する体制を整備している者を含みます。以下、本項及び次項において同じです。)に提供することができるのとします。
① あらかじめ本人の同意がある場合
② 第3条第2項①ないし④のいずれかに該当する場合
③ 第3条第1項記載の利用目的の達成に必要な範囲内で、当社の業務委託先(再委託先を含みます。)に個人データの取扱いの一部を委託することに伴って当該個人データを提供する場合。
④ 合併、営業譲渡その他の事由による事業の承継に伴って個人データが提供される場合
⑤ その他当社の各サービスにおいて個別に定める場合
(2)当社は、前項①ないし⑤のいずれにも該当しない場合であっても、個人情報保護委員会に届け出た上で、次の範囲内で、ユーザーご本人の個人データ(要配慮個人情報を除きます。以下、本項において同じです。)を第三者に提供することがあります。
① 本項に基づき、第三者に提供される個人データの項目
ユーザーご本人から特に申し入れがある場合を除いて、ユーザーご本人の全ての個人情報
② 本項に基づく、第三者への提供の方法
紙、電子データの伝送、外部記録媒体の形式での交付、サーバーへのアクセスのいずれかの方法
③ 本項に基づく提供停止のお求めの方法
ユーザーご本人より当社に対し、本項に基づく第三者への提供を停止するようお求めがあったときは、法令の定めに基づき遅滞なくユーザーご本人が識別される個人データの当該第三者への提供を停止いたします。第三者提供の停止請求方法については、第7条記載の「個人データ開示等相談窓口」までご連絡ください。
(3)当社は、次のいずれかに該当する場合に、ユーザーご本人の個人データを外国にある第三者(ただし、個人の権利利益を保護する上で我が国と同等の水準にあると認められる個人情報の保護に関する制度を有している外国として個人情報保護委員会規則で定める国・地域にある第三者および個人データの取扱いについて個人情報取扱事業者が講ずべきこととされている措置に相当する措置を継続的に講ずるために必要なものとして個人情報保護委員会規則で定める基準に適合する体制を整備している者を除きます。)に提供することがあります。
① あらかじめ外国にある第三者への提供を認める旨の本人の同意がある場合。
② 第3条第2項①ないし④のいずれかに該当する場合。

第6条 安全管理措置の実施について

当社は、当社が取り扱う個人データにつき、不正アクセス、紛失、改ざん及び漏洩等を防止するために、必要かつ適切な組織的・人的・技術的・物理的な安全管理措置を実施して、個人情報を適切に管理いたします。

第7条 保有個人データについての開示・訂正・追加・削除・利用停止・消去、第三者提供の停止について

当社の保有個人データ(個人情報保護法第2条第7項で定義されます。)の利用目的の通知、開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去および第三者提供の停止の請求を希望される場合、または当社の個人情報の取扱いについてのご質問がある場合は、以下のお問い合わせ窓口までご連絡ください。当社の保有個人データの利用目的の通知、開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去および第三者提供の停止の請求につきましては、法令に基づき、適切にかつ遅滞なく対応いたします
[個人データ開示等相談窓口]お問い合わせフォーム

第8条 匿名加工情報の取扱い

社は、個⼈情報を、統計情報その他の個⼈を識別することができない情報に加工して利⽤または第三者提供させていただくことがあります。当社は、法令に基づき、適切に匿名加⼯情報を取り扱います。

第9条 本指針の改善、変更

① 当社は、本指針について、継続的改善に努めます。
② 当社は、本指針を必要に応じて随時変更することがあります。本指針の変更に際しその都度ユーザーに対してご連絡することはいたしませんので、本指針の最新の内容につきましては当社のウェブサイトに掲載されている最新版をご参照ください。

2020年1月1日制定・施行